読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

4月GA文庫のおすすめ

今回は4月GA文庫のおすすめを紹介していきます。

今月刊行分からは5点読みました。

何といっても注目はファンタジア文庫で「アサシンズプライド」を観光している天城ケイさんの新シリーズ「蒼と壊羽の楽園少女」ですね。ほとんどの陸地が水に沈んでしまった蒼の世界を舞台としたガール・ミーツ・ガールなファンタジーです。かつては高度な文明を築き、人類を繁栄に導いた魔女と、魔女が遺した遺産・アンティーク。この世界のどこかにあるという魔女が住む《楽園》を目指して二人が旅立つ物語ですね。

またシリーズ続巻では新たな魔女の呪いも登場して新展開を迎える「忘れえぬ魔女の物語」、新キャラ登場に上司もうかうかしていられない「厳しい女上司が高校生に戻ったら俺にデレデレする理由」、進展したかと思ったら意外な展開が待っていた「やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく」、恋人宣言に嫁がやる気を出す「尽くしたがりなうちの嫁についてデレてもいいか?」もなかなか楽しめる作品でした。

 

蒼と壊羽の楽園少女(アンティーク) (GA文庫)

りこの外出をスクープされ、混乱を収めるために交際を宣言した二人。これを機にりこの態度が急変して、結婚をごまかす偽装工作のはずが猛烈な恋人アピールを湊人に繰り出す第二弾。周囲に恋人として認知されるようになって、俄然張り切りだしたりこ。甘酸っぱい二人のお買い物や初デートのやり直し遠出、そしてふたりきりの温泉旅行。湊人を好きすぎるりこの危うさ、湊人は湊人で上手くやろうとしたり勘違いもあってやや空回り気味な展開もありましたけど、お互い相手への想いは揺るぎなくて、少しずつでも近づきつつある二人のこれからに期待です。