読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

21年1月ヒーロー文庫、2月のスニーカー文庫・HJ文庫・ラノベ文庫まとめ

というわけでおまたせしました。21年1月のヒーロー文庫と、2月のスニーカー文庫・HJ文庫・ラノベ文庫のおすすめです。なんでこう発売日が固まるのかほんと謎で仕方ないですが、一緒に買いに行けるとかそういうメリットを作り出そうとしているのかもしれないですが。たくさん読みたい本があったりすると、どうやって読むのかほんと悩ましいところです。

 

とりあえず今回はヒーロー文庫が1点、スニーカー文庫が2点、HJ文庫が4点、ラノベ文庫が1点の計8点です。複数レーベルの発売日が被っていて、新作はHJ文庫の2点とラノベ文庫1点のみですが、ちょっと分厚い本も多くてちょっと読むのに苦戦しました(苦笑)でもどれも面白いと思える作品だったので、シリーズ続巻も新作も自信を持っておすすめできます。

 

個人的には楽しみにしていた「薬屋のひとりごと」あたりも期待通りでしたけど、やはり「継母の連れ子が元カノだった」は好み的に頭2つ分くらい抜けてますね(苦笑)2巻目となる「とってもカワイイ私と付き合ってよ」あたりもなかなか良かったですし、「幼馴染で婚約者なふたりが恋人をめざす話」にも著者さんらしい甘さがありました。「遥かなる月と僕たち人類のダイアログ」は二人のやりとりがじわじわ効いてくる少し不思議な物語で、そういうのが好きな人に是非おすすめしたいです。

 

【ヒーロー文庫】

薬屋のひとりごと 10 (ヒーロー文庫)