読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

2022年上半期注目のおすすめ新作文庫30選

恒例の2022年上半期注目のオススメ新作企画、今回は「ラノベ青春小説」「ラノベファンタジー」に続く第三弾「文庫編」です。上半期の文庫に関しては、文庫になったら紹介したいと思っていた作品の文庫化もかなりあったので、おすすめしたい作品がたくさんあります。上半期企画の残る「ライト文芸」「文芸単行本」も心残りの積読を消化しつつ合間を見つけて作っていこうと思いますので、よろしくお願いします。

※紹介作品のタイトルリンクは該当書籍のBookWalkerページに飛びます。

 

1.なめらかな世界と、その敵 (ハヤカワ文庫JA) 

2.流浪の月 (創元文芸文庫) 

3.電気じかけのクジラは歌う (講談社文庫) 

4.海蝶 海を護るミューズ (講談社文庫) 

5.金木犀とメテオラ (集英社文庫)

6.卒業タイムリミット (双葉文庫) 

7.ムゲンのi(上・下) (双葉文庫)