読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

2022年6月富士見L文庫・GA文庫新刊感想まとめ

今回は6月富士見L文庫・GA文庫新刊感想まとめです。
内訳は富士見L文庫が続刊2点、新作1点、GA文庫は続巻2点の計5点です。
まず富士見L文庫は今度は王弟のジョンが殺される石田リンネさんの王宮ミステリ第二弾「女王オフィーリアよ、王弟の死の謎を解け」、竹岡葉月さんの書き下ろし4編と書店特典などショートショート13点を収録した番外編「おいしいベランダ。 亜潟家のアラカルト」、ダックスフントの飼い主女子高生と、白猫の飼い主教師の年の差&犬猫物語「犬飼いちゃんと猫飼い先生 ごしゅじんたちは両片想い」をセレクト。
またGA文庫は一緒に恋愛相談を受けるようになった二人が同じく魔女から異能を授けられた少女と出会う「恋を思い出にする方法を、私に教えてよ」2巻目、最後までらしさ満載で楽しめたアフターエピソードが満載の「やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく」6巻目とどれも面白かったです。
気になる作品があったらぜひ読んでみて下さい。

※紹介作品のリンクは該当書籍のBookWalkerページに飛びます。

 

女王オフィーリアよ、王弟の死の謎を解け (富士見L文庫) 

おいしいベランダ。 亜潟家のアラカルト(富士見L文庫) 

犬飼いちゃんと猫飼い先生 ごしゅじんたちは両片想い (富士見L文庫) 

恋を思い出にする方法を、私に教えてよ2 (GA文庫) 

やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく6(GA文庫)