読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

このライト文芸がすごい2023

毎年ライトノベルに関しては「このライトノベルがすごい!」ということで年間のおすすめ企画が宝島社さん主催で開催されていて、自分も協力者として参加していますが、年々レーベルも増え存在感も増してきているライト文芸にはそういったものがありません。そもそもこのジャンルのおすすめ記事を作っている人自体があまりいないので、自分の読んだ本の中からの独断と偏見によるセレクトで作りたいと思います。

対象としては「このライトノベルがすごい!」と同じ2021年9月~2022年8月に刊行された新作を対象30作品をセレクトしました。近年ライト文芸もライトノベル同様刊行点数が急増していて、全体をカバーするのが年々厳しくなっているのを痛感しますが、一方で全体のクオリティも底上げされていますし、自分の読んだ範囲でという限定はありますが面白い作品が選べたかなとは思っています。ライト文芸の定義については、ざっくりとそれっぽいので選んだということで予めご了解下さい(苦笑)

なお今後、同様の括りの中で文庫編と文芸単行本編についても近々作成予定です。

※下記紹介作品のタイトルリンクは該当書籍のBookWalkerページに飛びます。

 

1.水無月家の許嫁(講談社タイガ) 

2.女王オフィーリアよ、己の死の謎を解け (富士見L文庫) 

25.あやかし姫の良縁 (小学館文庫キャラブン!) 

26.ゴーストリイ・サークル ――呪われた先輩と半端な僕 (二見ホラー×ミステリ文庫) 

27.エナメル (新潮文庫nex) 

28.無駄に幸せになるのをやめて、こたつでアイス食べます (メディアワークス文庫)