読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

2021年11月に読んだ新作おすすめ本 文庫・単行本編

こちらは2021年11月に読んだ新作おすすめ本 文庫・単行本編です。

ライト文芸8点、一般文庫13点、文芸単行本12点の計33点の紹介になります。

ライトノベル編はこちら↓

 ライト文芸ではオレンジ文庫の喜咲冬子さんの新作ファンタジー「青の女公」、石田リンネさんの痛快な王宮ファンタジーミステリ「女王オフィーリアよ、己の死の謎を解け」のほか、辻村七子さんの青春演劇小説「僕たちの幕が上がる」、異世界に召喚されてなかなかできなかったお菓子作りに挑むファンタジー。「幻国の菓子使い」あたりは注目です。

一般文庫では二ヶ月連続刊行の五胡十六国時代を舞台に描く篠原悠希さんの新作「霊獣紀」、弓道ものの青春小説で続刊も期待できそうな「凜として弓を引く」のほか、三秋縋さんの「君の話」、塩田武士さんの「歪んだ波紋」、創元推理文庫の「だから殺せなかった」あたりの文庫化作品はチェックしておきたいところ。

また一般文芸では注目作品として話題になるのも納得な知念実希人さんの「硝子の塔の殺人」、今後ますます注目を集めそうな予感がした青山美智子さんの連作短編集「赤と青とエスキース」、河野裕さんが描く家族小説「君の名前の横顔」、身体が入れ替わってしまった男女の複雑で印象的な半生を描く「君の顔では泣けない君」を挙げておきたいと思います。

 

青の女公 (集英社オレンジ文庫)

女王オフィーリアよ、己の死の謎を解け (富士見L文庫)

僕たちの幕が上がる (ポプラ文庫ピュアフル)

幻国の菓子使い (メディアワークス文庫)

ベビーシッターは眠らない 泣き虫乳母・茨木花の奮闘記 (集英社オレンジ文庫)

藤丸物産のごはん話 恋する天丼 (集英社オレンジ文庫)

駒子さんは出世なんてしたくなかった (PHP文芸文庫)

EAT 悪魔捜査顧問ティモシー・デイモン (富士見L文庫)

霊獣紀 獲麟の書(上) (講談社文庫)

凜として弓を引く (講談社文庫)

君の話 (ハヤカワ文庫JA)

歪んだ波紋 (講談社文庫)

だから殺せなかった (創元推理文庫)

ノワール・レヴナント (角川文庫)

はつ恋 (ポプラ文庫)

#柚莉愛とかくれんぼ (講談社文庫)

善人と天秤と殺人と (幻冬舎文庫)

星巡りの瞳 (創元推理文庫)

前略、今日も事件が起きています 東部郵便局の名探偵 (宝島社文庫)

真夜中のメンター 死を忘れるなかれ (実業之日本社文庫)

若旦那のひざまくら (双葉文庫)

硝子の塔の殺人

赤と青とエスキース

君の名前の横顔

君の顔では泣けない君

パラソルでパラシュート

月曜日の抹茶カフェ

人間レベル

アルテミスの涙

あさひは失敗しない

フェイク・インフルエンサー

七夕の夜におかえり

あなたが選ぶ結末は