読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

2022年5月HJ文庫・スニーカー文庫・ラノベ文庫・新潮文庫nexの新刊感想まとめ

今回は5月の角川スニーカー文庫・HJ文庫J・講談社ラノベ文庫・新潮文庫nexの新刊感想まとめです。

内訳は角川スニーカー文庫が新作3点、シリーズ続巻4点、HJ文庫Jのシリーズ続巻2点、講談社ラノベ文庫の新作2点、新潮文庫nexの新作1点の12点です。

まず角川スニーカー文庫は御宮ゆうさんの大学を舞台とした新作青春ラブコメ「この恋は元カノの提供でお送りします。」、同時発売のクライマックスも近づく「カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています」、しめさばさんの新作現代異能クライムサスペンス「イレギュラー・ハウンド」、同時刊行の「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」後藤さん回、久慈マサムネさんの新作ラブコメ「好きで好きで大好きなので、いっしょに好きを伝えたい」、思いを交わしあった初々しさが微笑ましくなる「お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について」、祐介の実家帰省に同行して彼の幼馴染に遭遇する「飛び降りようとしている女子高生を助けたらどうなるのか?」と今回は全タイトル買いでした(苦笑)。

またHJ文庫は伊月の幼馴染・成香の友人作りに協力する「才女のお世話」、二人のイチャイチャが加速する「陰キャの僕に罰ゲームで告白してきたはずのギャルが、どう見ても僕にベタ惚れです」、講談社ラノベ文庫も離婚した元嫁と一緒に高校時代にタイムリープしてしまう「俺のクラスに若返った元嫁がいる」、人狼と戦う世界でのガンアクションファンタジー双黒銃士と銀狼姫」あたりもなかなか良かったですし、新潮文庫nexの杉井光さんの新作「この恋が壊れるまで夏が終わらない」も面白かったです。

気になる本があったらぜひ読んでみて下さい。

※各作品タイトルのリンクはBookWalkerページに飛びます。

     ↓

この恋は元カノの提供でお送りします。 (角川スニーカー文庫) 

イレギュラー・ハウンド いずれ×××になるだろう (角川スニーカー文庫) 

好きで好きで大好きなので、いっしょに好きを伝えたい (角川スニーカー文庫) 

カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています6 (角川スニーカー文庫) 

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。Another side story 後藤愛依梨 上 (角川スニーカー文庫) 

お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について4 (角川スニーカー文庫) 

飛び降りようとしている女子高生を助けたらどうなるのか?4 (角川スニーカー文庫) 

才女のお世話3 高嶺の花だらけな名門校で、学院一のお嬢様(生活能力皆無)を陰ながらお世話することになりました (HJ文庫) 

陰キャの僕に罰ゲームで告白してきたはずのギャルが、どう見ても僕にベタ惚れです 3 (HJ文庫) 

俺のクラスに若返った元嫁がいる (講談社ラノベ文庫) 

双黒銃士と銀狼姫 (講談社ラノベ文庫) 

この恋が壊れるまで夏が終わらない (新潮文庫nex)