読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

この文芸単行本がすごい2022

毎年ライトノベルに関しては「このライトノベルがすごい!」ということで年間のおすすめ企画が宝島社さん主催で開催されていて、自分も協力者として参加していますが、それ以外の「ライト文芸」「文庫」「文芸単行本」についても自分の読んだ本の中からの独断と偏見によるセレクトになりますが、年間企画をブログ企画として一人企画を作りたいと思います。ということで今回は「ライト文芸」に続く第二弾で「文芸単行本」編です。

対象としては「このライトノベルがすごい!」と同じ2020年9月~2021年8月に刊行された新作を対象30作品をセレクトしました(※続刊扱いは除外しています)。文芸単行本は読みたいものを読むのが精一杯で、自分なりに読んだ範囲でという限定にはなりますが、まずまず面白い作品が選べたかなとは思っています(並び順はいつも毎回頭を悩ませていますがw)。残る文庫編についても近々に更新したいと思います。 よろしくお願いします。

 

1.六人の嘘つきな大学生

2.正欲

3.スモールワールズ

4.海蝶

5.スター

6.デルタの羊

7.汚れた手をそこで拭かない

8.白鳥とコウモリ

9.元彼の遺言状

10.死にたがりの君に贈る物語

11.原因において自由な物語

12.ゴールデンタイムの消費期限

13.盤上に君はもういない

14.和菓子迷宮をぐるぐると

15.神の悪手

16.花束は毒

17.推理大戦

18.レンタルフレンド

19.ほたるいしマジカルランド

20.草原のサーカス

21.推し、燃ゆ

22.沖晴くんの涙を殺して

23.教室に並んだ背表紙

24.道をたずねる

25.おれたちの歌をうたえ

26.零の晩夏

27.オルレアンの魔女

28.月の淀む処

29.あなたを愛しているつもりで、私は――。娘は発達障害でした

30.ワラグル