読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

2022年5月ガガガ文庫・ファンタジア文庫・アリアンローズ新刊感想まとめ

今回は5月ガガガ文庫・ファンタジア文庫・アリアンローズの新刊感想まとめです。

内訳はファンタジア文庫が新作2点、シリーズ続巻が3点、ガガガ文庫が新作1点、続巻1点、追加したアリアンローズの新作が1点の計8点です。

まずファンタジア文庫の新作は飴月さんの新作元アイドルを普通の女の子にするために奮闘する「隣の席の元アイドルは、俺のプロデュースがないと生きていけない 」、幼馴染と幸せな新婚生活を送っていた主人公がなぜか妻と高校時代にタイムリープしてしまう「幼馴染だった妻と高二の夏にタイムリープした。17歳の妻がやっぱりかわいい。」をセレクト。

続巻はエンディング後の後日談や楽しいエピソードが満載の「デート・ア・ライブアンコール」11巻目、職場のヒロインたちに振り回される状況で新ヒロインが登場する「かまって新卒ちゃんが毎回誘ってくる」2巻目、今回はクリスマス「【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。」の5巻目と充実のラインナップでした。

またガガガ文庫も5年ぶりの続巻となった「青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。」2巻目、じわじわくる新作青春ラブコメディ「高嶺の花には逆らえない」、アリアンローズから刊行した日向夏さんの書き下ろし新作「聖女に嘘は通じない」も著者さんらしさがよく出ていました。

どれもおすすめできる作品なので、気になる本があったらぜひ読んでみて下さい。

※各紹介作品タイトルのリンクはBookWalkerページに飛びます。

 

隣の席の元アイドルは、俺のプロデュースがないと生きていけない (ファンタジア文庫) 

幼馴染だった妻と高二の夏にタイムリープした。17歳の妻がやっぱりかわいい。 (ファンタジア文庫) 

デート・ア・ライブ アンコール11 (ファンタジア文庫) 

かまって新卒ちゃんが毎回誘ってくる その2 ねえ先輩、恋のライバルなんて聞いてないです! (ファンタジア文庫) 

【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。5 (ファンタジア文庫) 

青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。2(ガガガ文庫) 

高嶺の花には逆らえない(ガガガ文庫) 

聖女に嘘は通じない (アリアンローズ)