読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

2023年1月ダンまち、富士見ファンタジア文庫、ガガガ文庫、集英社オレンジ文庫新刊感想まとめ

今回は23年1月のダンまち、富士見ファンタジア文庫、ガガガ文庫、オレンジ文庫新刊感想まとめです。 内訳はこれだけ発売日がずれていたGA文庫のダンまち、富士見ファンタジア文庫の新作4点、続巻2点、ガガガ文庫の続巻3点、集英社オレンジ文庫の新作1点、続巻1点の計12点になります。気になる作品があったらぜひ読んでみて下さい。 
※下記紹介作品のタイトルリンクは該当書籍のBookWalkerページに飛びます。 

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか18 (GA文庫) 

 VTuberのエンディング、買い取ります。 (ファンタジア文庫) 

完璧な俺の青春ラブコメ 1.ぼっち少女の救い方 (ファンタジア文庫) 

僕は、騎士学院のモニカ。 (ファンタジア文庫) 

コミュ力向上のために言語スキルをマスターしたら、引く手あまたの英雄になりました (ファンタジア文庫) 

転生王女と天才令嬢の魔法革命6 (ファンタジア文庫) 

妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。2 (ファンタジア文庫) 

最強にウザい彼女の、明日から使えるマウント教室2 (ガガガ文庫) 

SICK: -感染性アクアリウム- 2 (ガガガ文庫) 

弥生ちゃんは秘密を隠せない3 (ガガガ文庫) 

仮面後宮 女東宮の誕生 (集英社オレンジ文庫)

花は愛しき死者たちのために 罪人のメルヘン (集英社オレンジ文庫)