読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

21年4月ヒーロー文庫・ファミ通文庫、M文庫、5月講談社ラノベ文庫まとめ

GWの間でいろいろバタバタしていますが、4月ヒーロー文庫・ファミ通文庫、モンスター文庫、5月講談社ラノベ文庫までは読んで、HJ文庫・スニーカー文庫まで待つと点数多くて時間かかりそうなので、ここでいったんまとめます。今回は各レーベル1点ずつのセレクトです。

ヒーロー文庫からは1250万部突破で新聞広告も打つあたりに出版社の意気込みがうかがえる「薬屋のひとりごと」11巻目、先輩たちとのやりとりの中で静流が成長してゆく「放課後の図書室でお淑やかな彼女の譲れないラブコメ」2巻目、病院に入院する少女との交流をきっかけとした新作ボーイミーツガール「俺がピエロでなにが悪い!」、そして甘い社会人飯テロラブコメ「社畜男はB人お姉さんに助けられて」の3巻目です。

いずれも面白かったので、気になる作品があったらぜひ読んでみて下さい。

 

薬屋のひとりごと 11 (ヒーロー文庫)