読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

2021年7月に読んだ新作おすすめ本 ライトノベル編

というわけで7月の新作おすすめですが、 こちらではライトノベルの新作15点を紹介しています。文庫・単行本編はこちら↓  

 注目作品としてまず一番のおすすめは電撃文庫の無能力者なのに入学試験を突破した天才詐欺師のジンが、〈災禍の女王〉と恐れられる少女・ニーナと出会う学園ファンタジー「嘘と詐欺と異能学園」(電撃文庫)、そして高校に進学してからは疎遠な関係な関係になっていた二人が、とある夜の公園で再会して世界が激変する青春小説「ミモザの告白」 (ガガガ文庫)、共有された夢の中でも生活できる夢信空間が発展した世界で夢に侵入し精神を破壊する悪夢を狩る少年が魔女と出会う「貘: -獣の夢と眠り姫-」 (ガガガ文庫)は注目ですね。

またなかなかなか会えないアイドルと付き合っている主人公とにコンビニで働くJKとの出会いを描いたあまさきみりとさんの新作「彼女にナイショの恋人ごっこ。」(角川スニーカー文庫)、HJ文庫の飛行機が身近になった世界で少女と一緒に空を飛ぶことを目指す青春小説「果てない空をキミと飛びたい」、同日発売だったしめさばさんの新作「君は僕の後悔」 (ダッシュエックス文庫)、「きみは本当に僕の天使なのか」 (ガガガ文庫)、スクールカーストにまつわる問題の解決に挑む展開がなかなかおもしろかった新作「カーストクラッシャー月村くん」 (オーバーラップ文庫)あたりは押さえておきたい作品ですね。

 

1.嘘と詐欺と異能学園 (電撃文庫)

2.ミモザの告白 (ガガガ文庫)

3.貘: -獣の夢と眠り姫- (ガガガ文庫)

4.彼女にナイショの恋人ごっこ。 (角川スニーカー文庫)

5.果てない空をキミと飛びたい 雨の日にアイドルに傘を貸したら、二人きりでレッスンをすることになった (HJ文庫)

6.君は僕の後悔 (ダッシュエックス文庫)

7.きみは本当に僕の天使なのか (ガガガ文庫)

8.カーストクラッシャー月村くん 1 (オーバーラップ文庫)

9.推しが俺を好きかもしれない (ファンタジア文庫)

10.負けヒロインが多すぎる! (ガガガ文庫)

11.ねぇ、もういっそつき合っちゃう? 1 幼馴染の美少女に頼まれて、カモフラ彼氏はじめました (HJ文庫)

12.ただ制服を着てるだけ (GA文庫)

13.どうか俺を放っておいてくれ なぜかぼっちの終わった高校生活を彼女が変えようとしてくる (GA文庫)

14.妹の友達の美人ヤンキーJK 世間知らず過ぎて世話を焼いていたら惚れられました (ファンタジア文庫)

15.五人一役でも君が好き (MF文庫J)