読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

2022年8月電撃文庫・GA文庫/ノベル・カドカワBOOKS・ハヤカワ文庫JA・富士見L文庫新刊感想まとめ

今回は電撃文庫・GA文庫/ノベルス・カドカワBOOKS・ハヤカワ文庫JA・富士見L文庫の新刊感想まとめです。 何となくまとめるタイミングを見失ってしまって全部一緒になってしまいましたが、内訳は電撃文庫が新作1点、続巻6点、GA文庫が新作1点、GAノベルスが続巻1点、カドカワBOOKSが続巻1点、ハヤカワ文庫JAが新作1点、富士見L文庫が新作2点の計13点になります。

まず電撃文庫は環太平洋沖に突如現れ謎の巨大生物レヴとの戦いを描く新八角さんの新作ファンタジー「チルドレン・オブ・リヴァイアサン」、続巻もヒロインたちとのホワイトデーや感動の再会が描かれる「楽園ノイズ」、生徒会選挙を通じて麗良の掘り下げも進んだ「この△ラブコメは幸せになる義務がある。」や、九校戦は違った意味で波乱含みだった「新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち」に加えて、秋玻と春珂のどちらを選ぶか葛藤する四季が二人と旅に出る「三角の距離は限りないゼロ」、一冊丸ごとエピローグの感もあった「エロマンガ先生」「隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった」など今巻で完結も多かったですね。

一方、大切なものが増えてモニカと周囲の関係がどんどんかけがえのないものになってゆく「サイレント・ウィッチ」、別の並行世界を生きたもう一人の栞が運命の出会いを果たす物語「僕が君の名前を呼ぶから」、他者に無関心で常に不干渉な少年と不器用な少女の出会いを描くGA文庫の新作「冷たい孤高の転校生は放課後、合鍵回して甘デレる。」悔いのない最期を迎えるため、神様すら翻弄するルルーシェ最後の日を描くGAノベルスの「100日後に死ぬ悪役令嬢は毎日がとても楽しい。」、富士見L文庫の化石から見つけたドラゴンとの出会いを描く「サマー・ドラゴン・ラプソディー」罪を得て左遷された北の葬園で女装騎士が罪人たちと出会う「赤毛のトアと罪の騎士団」と今回は盛りだくさんでした。 気になる本があったら是非読んでみて下さい。

※各作品タイトルのリンクはBookWalkerページに飛びます。

 

チルドレン・オブ・リヴァイアサン 怪物が生まれた日 (電撃文庫) 

楽園ノイズ5 (電撃文庫) 

この△ラブコメは幸せになる義務がある。2 (電撃文庫) 

三角の距離は限りないゼロ8 (電撃文庫) 

エロマンガ先生(13) エロマンガフェスティバル (電撃文庫) 

隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった4 (電撃文庫) 

新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち4 (電撃文庫) 

サイレント・ウィッチ IV 沈黙の魔女の隠しごと (カドカワBOOKS) 

僕が君の名前を呼ぶから (ハヤカワ文庫JA) 

冷たい孤高の転校生は放課後、合鍵回して甘デレる。 (GA文庫) 

100日後に死ぬ悪役令嬢は毎日がとても楽しい。2 (GAノベル) 

サマー・ドラゴン・ラプソディー (富士見L文庫) 

赤毛のトアと罪の騎士団 (富士見L文庫)