読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

今注目の中華風ファンタジー25選(21年7月改訂版)

当ブログはアーカイブをたくさん作っているため、検索で訪れる方も少なくありませんが、そんな中でも作成時からずっと一番アクセス数の多い記事であり続けているのが以下の記事「中華風ファンタジー」企画です。

そこから新作登場や巻数を重ねているのを踏まえて、毎年改訂版を作っていますが、今回も前回記事からいろいろ入れ替えをしつつ、自分が読んだ作品のうち比較的最近に新刊・続巻が刊行されている25作品を紹介します。

 

1.薬屋のひとりごと (ヒーロー文庫)

2.金椛国春秋シリーズ (角川文庫)

3.茉莉花官吏伝 (ビーズログ文庫)

4.後宮の烏 (集英社オレンジ文庫)

5.威風堂々惡女 (集英社オレンジ文庫)

6.紅霞後宮物語 (富士見L文庫)

7.蟲愛づる姫君の婚姻 (小学館文庫キャラブン!)

8.後宮の花は偽りをまとう (双葉文庫)

9.天下四国シリーズ(講談社文庫)

10.大阪マダム、後宮妃になる! (小学館文庫キャラブン!)

11.十三歳の誕生日、皇后になりました。(ビーズログ文庫)

12.後宮の検屍女官 (角川文庫)

13.詩剣女侠 (集英社オレンジ文庫)

14.転生佳人伝 寵姫は二度皇帝と出会う (角川文庫)

15.後宮の木蘭 (角川文庫)

16.後宮の月は、南天に舞う 臥龍城の奸臣 (PHP文芸文庫)

17.星辰の裔 (集英社オレンジ文庫)

18.後宮の寵姫は七彩の占師 (スターツ出版文庫)

19.後宮妃の管理人 (富士見L文庫)

20.流転の貴妃 或いは塞外の女王 (集英社オレンジ文庫)

21.仙文閣の稀書目録 (角川文庫)

22.九天に鹿を殺す 煋王朝八皇子奇計 (集英社オレンジ文庫)

23.廃妃は再び玉座に昇る 耀帝後宮異史 (小学館文庫キャラブン)

24.後宮染華伝 黒の罪妃と紫の寵妃 (集英社オレンジ文庫)