読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

オススメ!この文庫が読みたい2021

 先日、作った2つの企画。

 「このライトノベルがすごい」に関しては自分は基本的に新作のみで投票しているので、今回の2021投票を前に自分の再確認も兼ねて昨年と同様に作ってみました(ラブコメちょっと多めだったので今回別枠で作りましたがw)。ライトノベルに関してはこれを作るとだいたい個人的にお腹いっぱいな感じになるので、特に予想とかは今のところは予定していません。

 

ただ一般文庫レーベル/ライト文芸/文芸単行本あたりに関してはそれに類するそもそも投票自体があまりないので、同じ集計期間で作ってみてもいいのかなと思いました。というわけで第一弾の一般文庫レーベル編です。このラノと同様19年9月から20年8月に刊行になった新作を対象に30作品セレクトしています。文庫化になった興味深い作品も何気に多数刊行されているので、そのあたりも意識してカバーしたつもりです...が候補を抽出してみたら正直絞り込む候補が多すぎて悩みに悩んだ結果のセレクトになりました(苦笑)

 

1.どうかこの声が、あなたに届きますように (文春文庫)