読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

この文芸単行本がすごい2023

毎年ライトノベルに関しては「このライトノベルがすごい!」で年間のおすすめ企画が宝島社さん主催で開催されていて、自分も協力者として参加していますが、それ以外の「ライト文芸」「文庫」「文芸単行本」についても読んだ本の中からの独断と偏見によるセレクトになりますが、年間企画をブログ企画を作りたいと思います。

ということで今回は「ライト文芸」「文庫」に続く第三弾「文芸単行本」編です。対象は「このライトノベルがすごい!」と同じ2021年9月~2022年8月に刊行された新作を対象30作品をセレクトしています。最近の作品は印象的な作品も多くて悩みに悩んで30作品選びました。気になる本があったらこの機会に是非読んでみて下さい。

※下記紹介作品のタイトルリンクは該当書籍のBookWalkerページに飛びます。

 

1.赤と青とエスキース 

3.ラブカは静かに弓を持つ 

4.香君 上・下 

5.宙ごはん 

6.真夜中のマリオネット