読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

22年6月DX文庫、MF文庫J、OVL文庫新刊感想まとめ

今回は6月ダッシュエックス文庫、MF文庫J、オーバーラップ文庫新刊感想まとめです。

内訳はダッシュエックス文庫が新作2点、MF文庫J続巻1点、新作3点、オーバーラップ文庫が続巻2点の計8点になります。

まずダッシュエックス文庫は第9回ライトノベル新人賞<審査員特別賞>受賞作で、モテ期が分かる時代に、高校で青春を送りたくてあがく主人公の奮闘を描いた「冴えない男子高校生にモテ期がやってきた」、第2回集英社WEB小説大賞<金賞>受賞作で学園で悪役令嬢と言われるお嬢様との許嫁生活が始まる「許嫁が出来たと思ったら、その許嫁が学校で有名な『悪役令嬢』だったんだけど、どうすればいい?」を読みましたが、どちらも青春小説としてぐっとくる展開でなかなか良かったです。

MF文庫Jも今回は安定の面白さで今後の展開が楽しみな「聖剣学院の魔剣使い」、父親が再婚して連れ子としてやってきた義妹と二人一人旅に出かける「同い年の妹と、二人一人旅」、著者さんらしい戦記物で読んでいてワクワクする「紅蓮戦記」、主人公のヒロインたちそれぞれの恋愛計画で今後が気になる「失恋計画と初恋計画」となかなか粒ぞろいでした。

オーバーラップ文庫も妹分の秘密を守るために生きる主人公が印象的な「暗殺者は黄昏に笑う」、強敵との因縁が生まれ新キャラもなかなかいい感じの「幾億もの剣戟が黎明を告げる」あたりも変わらず面白くて今後の続巻が楽しみです。

気になる本があったらぜひ読んでみてください。

※紹介作品のタイトルリンクは該当書籍のBookWalkerページに飛びます。

 

冴えない男子高校生にモテ期がやってきた (ダッシュエックス文庫) 

許嫁が出来たと思ったら、その許嫁が学校で有名な『悪役令嬢』だったんだけど、どうすればいい?(ダッシュエックス文庫) 

聖剣学院の魔剣使い10 (MF文庫J) 

同い年の妹と、二人一人旅 (MF文庫J) 

紅蓮戦記1 天才魔術指揮官は逃げ出したい (MF文庫J) 

失恋計画と初恋計画 キミとの恋は、もう失敗しないから (MF文庫J) 

暗殺者は黄昏に笑う 2 (オーバーラップ文庫) 

幾億もの剣戟が黎明を告げる2 ひねくれ銃手と車椅子の魔弾(オーバーラップ文庫)