読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

21年2月MF文庫J、ファミ通単行本、3月スニーカー文庫、ラノベ文庫まとめ

今回は2月MF文庫J、ファミ通単行本、3月スニーカー文庫、ラノベ文庫のおすすめを紹介していきます。

スニーカー文庫からは発売前から評判になっていた「時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん」、再会した幼馴染が清楚可憐な美少女だった「転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件」、主人公以外の活躍も増えてきた「最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い」の6巻目の3点をセレクト。

また講談社ラノベ文庫からはますますヒロインが可愛くなってきた「シンデレラは探さない。」の2巻目、ファミ通単行本からはむすぶと本。シリーズの「七冊の『神曲』が断罪する七人のダンテ」、MF文庫Jからは新作を二点で、お互い未練タラタラな二人が結婚する「元カノとのじれったい偽装結婚」、成長してゆく主人公を描くファンタジー「キミに捧げる英雄録」 をチョイスしました。

どれも面白かったおすすめの1冊です。気になる本があったら是非手にとって読んでみてください。

 

【スニーカー文庫】

【新作】時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん (角川スニーカー文庫)