読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

2022年11月電撃文庫・GA文庫・DREノベルス・ドラゴンノベルス新刊感想まとめ

今回は11月の電撃文庫・GA文庫・DREノベルス・ドラゴンノベルス新刊感想まとめです。内訳は電撃文庫が続巻6点、新作2点、GA文庫が続巻3点、DREノベルス新作1点、ドラゴンノベルス新作1点の計13点になります。

まず電撃文庫は前作のおよそ700年前の過去を描いた始まりの物語「竜の姫ブリュンヒルド」、アルウィンを救うためマシューが決死の覚悟で太陽の光が届かぬ地へと潜る「姫騎士様のヒモ」、とある人と再会したことにより魔子に関する記憶が甦る「呪われて、純愛。」、修学旅行でもバカップルっぷりが炸裂する「飛び降りる直前の同級生に『×××しよう!』と提案してみた。」、今巻もまたカオスな展開に巻き込まれてゆく「妹はカノジョにできないのに」、謎を解くためにインド・ペルシア連邦に向かう「続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー」テストプレイ中にMRが入り混じった現実世界に巻き込まれる川原礫さんの新作「デモンズ・クレスト」召喚士が召喚獣とともに戦う榊一郎さんの新作「サマナーズウォー」をセレクト。

GA文庫は正義が敗北してクリューが苦悩する「アストレア・レコード」、友人とも恋人ともつかない微妙な関係に変化が訪れる「あおとさくら」、新部隊を創設したフェリドが第二王女レミリーと出会う「双翼無双の飛竜騎士」、古宮九時さんの期待の新作ファンタジー「月の白さを知りてまどろむ」探しものを見つけるために世界を旅する一人と一羽の絆を描くファンタジー「啼かないカナリアの物語」とどれも面白かったです。気になる作品があったらこの機会にぜひ読んでみて下さい。

※下記紹介作品のタイトルリンクは該当書籍のBookWalkerページに飛びます。

 

月の白さを知りてまどろむ (DREノベルス) 

竜の姫ブリュンヒルド (電撃文庫) 

姫騎士様のヒモ3 (電撃文庫) 

呪われて、純愛。2 (電撃文庫) 

飛び降りる直前の同級生に『×××しよう!』と提案してみた。2 (電撃文庫) 

妹はカノジョにできないのに3 (電撃文庫) 

続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー5 (電撃文庫) 

デモンズ・クレスト1 現実∽侵食 (電撃文庫) 

サマナーズウォー/召喚士大戦1 喚び出されしもの (電撃文庫) 

アストレア・レコード2 正義失墜 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 英雄譚 (GA文庫) 

あおとさくら2 (GA文庫) 

双翼無双の飛竜騎士2 (GA文庫) 

啼かないカナリアの物語 声を出せない魔法使いと模造の小鳥の探しもの (ドラゴンノベルス)