読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

創作の参考になりそうなおすすめ本30選 ヨーロッパ編3 文庫編

前回まで、直近二年くらいで刊行された本、直近10年くらいに刊行された本の中から創作に関係がありそうな本を選ぶ企画を2つ作りました。

作ってみて特に意識していたわけではないのですが、文庫を1冊も選んでいなかったことに気づきました。そこで今回は文庫で刊行された本の中からヨーロッパの風俗文化に関する本をピックアップしています。基本的には入手可能なものでセレクトしていますが、思っていた以上に紙の本が入手不可となっていて、予定のラインナップをだいぶ入れ替えることになりましたが(苦笑)気になる本があったらぜひ読んでみて下さい。

 

1.悪魔の話 (講談社学術文庫)

2.キリスト教史 (講談社学術文庫)

3.カトリックの信仰 (ちくま学芸文庫)

4.ローマ教皇史 (ちくま学芸文庫)

5.異端審問 (講談社学術文庫)

6.大航海時代 ――旅と発見の二世紀 (ちくま学芸文庫)

7.叙任権闘争 (ちくま学芸文庫)

8.中世ヨーロッパの城の生活 (講談社学術文庫)

9.黒死病-ペストの中世史 (中公文庫)

10.新版 魔女狩りの社会史 (ちくま学芸文庫)

11.ヨーロッパ中世の社会史 (講談社学術文庫)

12.中世ヨーロッパの騎士 (講談社学術文庫)

13.中世を旅する人びと―ヨーロッパ庶民生活点描 (ちくま学芸文庫)

14.北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大 (講談社学術文庫)

15.テンプル騎士団 (講談社学術文庫)

16.奴隷のしつけ方 (ちくま文庫)

17.剣闘士-血と汗のローマ社会史 (中公文庫)

18.古代ローマ旅行ガイド (ちくま学芸文庫)

19.中世ヨーロッパの農村の生活 (講談社学術文庫)

20.中世ヨーロッパの都市の生活 (講談社学術文庫)

21.ヴェネツィア 東西ヨーロッパのかなめ 1081-1797 (講談社学術文庫)

22.中世イタリアの都市と商人 (講談社学術文庫)

23.ジャンヌ・ダルク 超異端の聖女 (講談社学術文庫)

24.中世ヨーロッパの結婚と家族 (講談社学術文庫)

25.奇跡を考える 科学と宗教 (講談社学術文庫)

26.地図の歴史 世界篇・日本篇 (講談社学術文庫)

27.大聖堂・製鉄・水車―中世ヨーロッパのテクノロジー (講談社学術文庫)

28.交易の世界史 上・下 (ちくま学芸文庫)

29.スパイス戦争 ――大航海時代の冒険者たち (ちくま学芸文庫)

30.世界をつくった貿易商人 ――地中海経済と交易ディアスポラ (ちくま学芸文庫)