読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

このキャラ文芸がすごい2019企画賛同ありがとうございます。

何となく思いついてほとんど勢いだけで作ってしまった「このキャラ文芸がすごい」企画(恐れ多くてこの呼称は自分のブログ企画では避けたのですが、考えてみたらそういう呼称の本があるわけでもないので、自分の記事もこれに統一します)。 あとついでにこの…

独断と偏見で選ぶライトノベル2019

今月キャラ文芸企画とかほんと誰もやらないなーとか思って、ここまででキャラ文芸のセレクト記事を3つ作りましたが、考えてみたらこれ普通にライトノベル編作っても良かったんですよね(なんで思い至らなかったのか)。というわけでライトノベル編も作るこ…

このキャラ文芸がすごい2019 単行本編

近年、ライトノベルやキャラ文芸などで書いている作家さんの単行本進出が増えてきています。活躍の場を広げるのはいいことだと思いますが、そんな作家さんたちの単行本のうち独断と偏見でセレクトした20作品を先日の「独断と偏見で選ぶキャラ文芸文庫」「シ…

主人公が一途なライトノベル15選

たまたまフォロワーさんのリツイートで見つけたこんなつぶやき。 ハーレム系とか三角関係じゃない男性向けラノベを読んでみたいなあ。主人公が一途なやつというか、誰とくっつくかわかりきってるやつ。落第騎士の英雄譚はよく目にするけど、他に何かないかな…

このキャラ文芸がすごい2019 文庫シリーズ作品編

というわけで 「独断と偏見で選ぶキャラ文芸文庫2019」第二弾「シリーズ作品編」です。当初1つにまとめるつもりがなぜ分かれることになったのかというと、シリーズ展開されている作品群は安定して人気が出ているシリーズなわけで、つまるところ今回の「独断…

このキャラ文芸がすごい2019 文庫編

毎年ライトノベルに関しては「このライトノベルがすごい!」ということで年間のおすすめ企画が宝島社さん主催で開催されていて、自分も協力者として参加していますが、年々レーベルも増え、存在感も増してきているキャラ文芸(ライト文芸)の文庫に関しては…

2018年9月に読んだ新作おすすめ本

というわけで9月の新作おすすめ本です。今回はラノベもインパクトある作品が結構出てきて、挙げた作品はみんな自信を持っておすすめできる一冊です。続巻の期待持てそうなシリーズものは楽しみですよね(それがたくさん増えていくと自分の首が締まりますがw…

2018年9月に読んだ本 #読書メーターより

全体としては読書スケジュール以外の部分がいろいろ忙しなくて思うように読めなかった印象ですが、最終的にはそれなりの冊数に落ち着きました。続巻も待望の続巻が出たり、新作もなかなかいい作品が多くて収穫も多かった一ヶ月でしたが、明らかに読むペース…

10月の購入検討&気になる本ほかピックアップ

というわけで10月の購入検討&気になる本ほかピックアップです。最近各レーベルの刊行点数がじわじわ増えてきていて、読みたい本を選ぶというよりどれを諦めるかになりつつあるように感じる今日この頃ですが、例によって10月も気になる本が目白押しです。続…

SFが読みたい!ラノベ・ライト文芸+ハヤカワ文庫26選

なんか皆さんが面白いブログ記事作っていたので自分も便乗して作ってみました(ぇ SFの範囲はもう議論するのも不毛なので、とりあえずそれっぽい作品を自分の読んだ作品の中から選びました。特に「WORLD END ECONOMiCA」は個人的に大好きな作品なんですが、…

「このライトノベルがすごい!2019」にこの作品を投票します!

今年も毎年恒例となっている「このライトノベルがすごい!2019」のアンケートが今週から始まりましたね。今回も対象期間に発売されたタイトルの中から、毎回5作品は少ないなあ…と悩みつつも何とかセレクトしました。各作品のコメントはまだ書けていないので…

2018年8月に読んだ新作おすすめ本

8月は月末に出たファミ通文庫・スニーカー文庫・ラノベ文庫あたりがなかなか熱かったですね。特にやはり青春もので輝く三田千恵さんの「彼女のL」、あまさきみりとさんの「君の忘れ方を教えて」、ファンタジーではファンタジア文庫の「ヒトよ、最弱なる牙を…

8月に読んだ本 #読書メーターより

8月は序盤仕事が忙しくて中旬はむしろいつも読めない夏休みがあったりで、なかなか冊数読めてなくて積読が溜まる苦しい状況でしたが、下旬頑張ってわりと読めたので結果的にはそれなりの冊数に。とはいえ内訳的には(いつも文字数制限的に載せていないですが…

9月の購入検討&気になる本ほかピックアップ

というわけで多忙につき更新が遅くなりましたが、9月の購入検討&気になる本ほかピックアップです。9月は3月と並んで毎年刊行が多い時期ですが、新作も続刊も注目作品が目白押しです。追いかけているシリーズも集中していて、ここまでたくさんあると全部読む…

2018年7月に読んだ新作おすすめ本

というわけで7月に読んだ新作おすすめ本です。例によってラノベ以外は周回遅れが常態化していますが、今回29点を紹介します。注目としてはガガガ文庫「空飛ぶ卵の右舷砲」メディアワークス文庫の「逆転ホームランの数式」、光文社文庫「帝国の女」、似鳥鶏さ…

7月に読んだ本 #読書メーターより

7月は忙しいなりにそれなりに読書時間を確保できて、冊数もそこそこ読めました。今月読んだもののうちシリーズものでは次巻で完結の「やがて恋するヴィヴィ・レイン」や、「リア充にもオタクにもなれない俺の青春」の2巻目、「おいしいベランダ。」「ゆきう…

自分の本の探し方・よく見ているサイトを公開します

最近、何度かどうやって本を探しているのかと聞かれる機会があって、どんな方法で読みたい本を探しているのか、どんなサイトを見ているのか、いい機会なので自分なりの方法を一度まとめてみたいと思いました。 基本的に自分はわりと積極的に読みたい本を探し…

8月の購入検討&気になる本ほかピックアップ

恒例の8月の購入検討&気になる本ほかピックアップです。8月は中旬に取次休配日があったりでGA文庫や富士見L文庫が8/10発売となっていたり、発売日が変則的になっているところもあるので注意が必要ですね。シリーズでは「活版印刷三日月堂」「ぬばたまおろち…

2018年上半期注目のオススメ新作単行本23選

上半期注目のオススメ新作企画の最後は単行本編です。今回は23点をチョイスしました。単行本はなかなか厳しい状況が続いているとは聞きますが、そんな単行本にも印象的な本は数多く出ています。自分が読めるもの、紹介できるものはそんな中のごく一部ですが…

2018年上半期注目のオススメ新作一般文庫36選

今回は上半期注目のオススメ新作企画第四弾、一般文庫編です。最近はライト文芸っぽいものとの境界線が曖昧になってきていますが、とりあえずレーベルでざっくりと区切っています。読んだタイミングの問題で一部12月のものも混じっていますが、印象的な本だ…

2018年上半期注目のオススメ新作ライト文芸29選

というわけで上半期注目のオススメ新作企画第三弾ライト文芸編です。最近はライト文芸レーベルでもいろいろ話題作が出てきて、けれど刊行点数もわりと多かったりする状況で、自分もどれを読むべきなのか悩むことがよくありますが、そんな自分がおすすめする…

好きなラノベを投票しよう 2018年上半期投票10作品

2018年上半期企画実施中ですが、好きラノ2018年上期の投票絶賛受付中とのことで先にこちらの投票10作品を投稿したいと思います。 投票対象: 2018年1月~6月に発売されたライトノベル投票期間: 7月1日(日)20時~7月15日(日)24時結果発表: 7月16日(月)20時(予…

2018年上半期注目のオススメ新作ライトノベル恋愛・青春小説26選

というわけで上半期企画第二弾、オススメ新作ライトノベル恋愛・青春小説編です。なお並びはレーベルごとに固めています。自分がよく読むジャンルとしてざっくりと2つにまとめているので、厳密にはそれちょっと違うんじゃないの?はあるかもしれません。た…

2018年上半期注目のオススメ新作ライトノベルファンタジー15選

上半期も終わって毎回更新しているオススメ企画の時期になりました。とりあえず今回もラノベファンタジー、恋愛・青春小説、ライト文芸、一般文庫・単行本編の5回に分け、更新の予定です。今回は第一弾ということで新作ライトノベルファンタジーを紹介しま…

2018年6月に読んだ新作おすすめ本

というわけで6月に読んだ新作おすすめです。6月で上半期も終わりということで、まとめ企画も意識しながら対象期間に該当する未読・積読の注目作品も消化していったため、いつもよりやや多めになっています(いつも多いと言えば多いのですがw)。十文字青さ…

6月に読んだ本 #読書メーターより

6月は地味に忙しくて序盤あまり読めなかったですが、終盤上半期のまとめも意識しつつまだ読めていなかった気になる積読本を消化したりで、最終的にはそれなりの冊数になりました。とはいえ最近地味に積む本>読む本になっている状態が続いていて、積読がじわ…

7月の購入検討&気になる本ほかピックアップ

恒例の7月の購入検討&気になる本ほかピックアップです。現時点ではライト文芸レーベルに気になるタイトルがやや多めですが、その辺はもう少し情報が出てからおいおい絞り込んでいく予定です。 注目の新作としてはスニーカー文庫の十文字青さん、ガガガ文庫…

2018年5月に読んだ新作おすすめ本

5月はラノベ各レーベルがそれぞれインパクトのある恋愛小説を出してきて、なかなか豊作の月でした。特に「三角の距離は限りないゼロ」や「スカートのひみつ」など電撃文庫はこういう作品も精力的に出すようになってきていますね。ファンタジー戦記ではGA文庫…

5月に読んだ本 #読書メーターより

5月もまずまずの冊数読めました。続きものとしてはもう続巻が読めないのかと諦めかけていた「叛逆せよ! 英雄、転じて邪神騎士」(電撃文庫)、「繰り巫女あやかし夜噺」(マイナビ出版ファン文庫)、「青雲を駆ける」(ヒーロー文庫)あたりが読めたのは良かった…

6月の購入検討&気になる本ほかピックアップ

6月の購入検討&気になる本ほかピックアップです。読んでいるシリーズものが増えてくると、どうしても新作との兼ね合いが難しくなってきますが、とりあえず注目の新作としては期待の青春小説ということでラノベ文庫「星空の下、君の声だけを抱きしめる」ファ…