読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

2022年9月ファンタジア文庫・電撃の新文芸・OVL文庫新刊感想まとめ

今回は9月ファンタジア文庫・電撃の新文芸・オーバーラップ文庫新刊感想まとめです。 内訳はファンタジア文庫が続巻3点、新作3点、電撃の新文芸が続巻1点、オーバーラップ文庫が新作1点の計8点になります。

まずファンタジア文庫は巻が瑠璃の突然の結婚報告に男子禁制の<方舟>に乗り込む「王様のプロポーズ」、今回で千年前から続く因縁が決着する「古き掟の魔法騎士」、アニメ化も決定した修学旅行回の「経験済みなキミと、経験ゼロなオレが、お付き合いする話。」、新作では幻想因子を持つ少女たちとの運命的な出会いを果たすファンタジー「断頭台の花嫁」、「なんでも言うコト聞く券」を駆使して主人公にアプローチする幼馴染が可愛い「甘えたい幼馴染はなんでも言うコト聞く券を持って、キスをしたいと迫ってくる」、潔く魅力的なヒロインたちにフォーカスしたストーリーが活きていた「妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。」とどれもなかなか良かったです。

また今回で最終巻だった電撃の新文芸の「オタク同僚と偽装結婚した結果、毎日がメッチャ楽しいんだけど!」、なかなかややこしい関係から始まるネコクロさんの新作「負けヒロインと俺が付き合っていると周りから勘違いされ、幼馴染みと修羅場になった」も注目の一冊なので気になる本があったらぜひ読んでみて下さい。

※紹介作品のタイトルリンクは該当書籍のBookWalkerページに飛びます。

 

王様のプロポーズ3 瑠璃の騎士 (ファンタジア文庫) 

古き掟の魔法騎士V (ファンタジア文庫) 

経験済みなキミと、経験ゼロなオレが、お付き合いする話。その5 (ファンタジア文庫) 

断頭台の花嫁 世界を滅ぼすふつつかな竜姫ですが。 (ファンタジア文庫) 

甘えたい幼馴染は「なんでも言うコト聞く券」を持って、キスをしたいと迫ってくる (ファンタジア文庫) 

妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。 (ファンタジア文庫) 

オタク同僚と偽装結婚した結果、毎日がメッチャ楽しいんだけど! 3 (電撃の新文芸) 

負けヒロインと俺が付き合っていると周りから勘違いされ、幼馴染みと修羅場になった 1 (オーバーラップ文庫)