読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

2022年6月ガガガ文庫新刊感想まとめ

今回は6月ガガガ文庫新刊感想まとめです。

内訳はシリーズ続巻が4点、新作2点の計6点となります。

シリーズ続巻は海の魔女も登場してボリュームたっぷりのカオスで激動な展開は圧巻の「魔女と猟犬」、それぞれの日常を描いているだけなのにそれが妙に面白い「変人のサラダボウル」、二人での逃避行でもう一人の異能の少女に出会う「霊能探偵・藤咲藤花は人の惨劇を嗤わない」、店舗特典用SSや書き下ろし中編などを収録したシリーズ初の短編集「塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い」をセレクト。

新作はクラスのミステリアス美女・高嶺サキと鬼の風紀委員長のもどかしい猿渡かざみさんの青春ラブコメ「高嶺さん、君のこと好きらしいよ」、シスコンとブラコンが弟妹繋がりで出会う「ママ友と育てるラブコメ」もなかなか面白くてさすがガガガ文庫というべきか、刊行点数が増えても粒ぞろいのラインナップでした。

気になる本があったらぜひ読んでみて下さい。

※各作品タイトルのリンクはBookWalkerページに飛びます。

 

魔女と猟犬3(ガガガ文庫) 

変人のサラダボウル 3(ガガガ文庫) 

霊能探偵・藤咲藤花は人の惨劇を嗤わない2(ガガガ文庫) 

塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い6.5(ガガガ文庫) 

高嶺さん、君のこと好きらしいよ(ガガガ文庫) 

ママ友と育てるラブコメ(ガガガ文庫)