読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

講談社タイガ創刊6周年!おすすめ作品30選

講談社タイガ創刊6周年ということで、Kindleなど電子書籍ストアで対象商品が30%OFFでセール対象となっているようです(21/12/2まで)。そこでいい機会なので自分が読んだ本の中からおすすめ作品を30点チョイスしてみました。どれも自信を持っておすすめできる作品なので、気になる作品があったらぜひ読んでみて下さい。

 

1.小説の神様(講談社タイガ)

作家としてデビューするも酷評されて書く自信を失っていた高校生・一也が人気作家の転校生・小余綾詩凪と出会い、彼女との小説合作を提案される青春小説。重い病気の妹のためにと思いながら、厳しい評価にネガティブになりがちな一也と、小説の力を信じていて彼に辛辣な詩凪。書く楽しさを思い出してゆく一也に突きつけられた残酷な現実はとても苦しかったですが、そんな彼が完璧に見えていた詩凪の苦しみに気づき、再び向きあおうと決意する姿は応援したくなります。作品を書くことに対するとても繊細で、強い想いを感じられる素晴らしい作品です。現在3巻まで刊行。

関連作品:小説の神様 わたしたちの物語 小説の神様アンソロジー

 

2.アンデッドガール・マーダーファルス(講談社タイガ)

3.すみれ荘ファミリア(講談社タイガ)

4.閻魔堂沙羅の推理奇譚(講談社タイガ)

5.バビロン(講談社タイガ)

6.君と時計と嘘の塔(講談社タイガ)

7.世界で一番かわいそうな私たち(講談社タイガ)

8.探偵が早すぎる(講談社タイガ)

9.路地裏のほたる食堂(講談社タイガ)

10.毎年、記憶を失う彼女の救いかた(講談社タイガ)

11.透明なきみの後悔を見抜けない(講談社タイガ)

12.顔の見えない僕と嘘つきな君の恋 (講談社タイガ)

13.詐欺師は天使の顔をして(講談社タイガ)

14.昨夜は殺れたかも(講談社タイガ)

15.叙述トリック短編集(講談社タイガ)

16.あくまでも探偵は(講談社タイガ)

17.サイメシスの迷宮 完璧な死体 (講談社タイガ)

18.ミウ -skeleton in the closet- (講談社タイガ)

19.おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱(講談社タイガ)

20.三日月邸花図鑑 花の城のアリス(講談社タイガ)

21.九重家献立暦(講談社タイガ)

22.吾輩は歌って踊れる猫である(講談社タイガ)

23.死者と言葉を交わすなかれ(講談社タイガ)

24.カタナなでしこ(講談社タイガ)

25.ことのはロジック(講談社タイガ)

26.やはり雨は嘘をつかない こうもり先輩と雨女(講談社タイガ)

27.終わった恋、はじめました(講談社タイガ)

28.神様のスイッチ(講談社タイガ)

29.緋紗子さんには、9つの秘密がある(講談社タイガ)

30.異セカイ系(講談社タイガ)