読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

この文庫がすごい2022

毎年ライトノベルに関しては「このライトノベルがすごい!」ということで年間のおすすめ企画が宝島社さん主催で開催されていて、自分も協力者として参加していますが、それ以外の「ライト文芸」「文庫」「文芸単行本」についても自分の読んだ本の中からの独断と偏見によるセレクトになりますが、年間企画をブログ企画として一人企画を作りたいと思います。ということで今回は「ライト文芸」「文芸単行本」に続く第四弾で「一般文庫」編です。

 

対象としては「このライトノベルがすごい!」と同じ2020年9月~2021年8月に刊行された新作を対象30作品をセレクトしました(※続刊扱いは除外しています)。今回単行本で出た時に読んで文庫になったらおすすめしたいと思っていた作品が大量に刊行されていて、書き下ろしの作品のバランスがかなり難しかったですが、まずまず面白い作品が選べたかなとは思っています。よろしくお願いします。

 

1.本と鍵の季節 (集英社文庫)

2.ひとつむぎの手(新潮文庫)

3.クローゼット (新潮文庫)

4.ひと (祥伝社文庫)

5.崩れる脳を抱きしめて (実業之日本社文庫)

5.祈りのカルテ (角川文庫)

6.僕と彼女の左手 (中公文庫)

7.本のエンドロール (講談社文庫)

8.その日、朱音は空を飛んだ (幻冬舎文庫)

9.あめつちのうた (講談社文庫)

10.青少年のための小説入門 (集英社文庫)

11.か「」く「」し「」ご「」と「 (新潮文庫)

12.禁じられたジュリエット (講談社文庫)

13.教室が、ひとりになるまで(角川文庫)

14.聖女ヴィクトリアの考察 アウレスタ神殿物語 (角川文庫)

15.ホラー作家八街七瀬の、伝奇小説事件簿 (集英社文庫)

16.九度目の十八歳を迎えた君と (創元推理文庫)

17.青春のジョーカー (集英社文庫)

18.春待ち雑貨店 ぷらんたん (新潮文庫)

19.夜空に泳ぐチョコレートグラミー (新潮文庫)

20.金木犀と彼女の時間 (創元推理文庫)

21.放課後の嘘つきたち (ハヤカワ文庫JA)

22.後宮の検屍女官 (角川文庫)

23.コーチ! はげまし屋・立花ことりのクライアントファイル (講談社文庫)

24.17歳のラリー (角川文庫)

25.転生佳人伝 寵姫は二度皇帝と出会う (角川文庫)

26.サクラオト (集英社文庫)

27.総務課の播上君のお弁当 ひとくちもらえますか? (宝島社文庫)

28.水神様がお呼びです あやかし異類婚姻譚 (角川文庫)

29.京都丸太町の恋衣屋さん (双葉文庫)

30.未来職安(双葉文庫)