読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

5/28のスペースで紹介した本

昨日、サキイカスルメ( @surumesakiika )さん、kyoikyoi( @kyoikyoi5 )さんと23時からスペースで座談会を行いました。読書ブログについて、購入本の選び方、最近読んで面白かった本、これから期待の本などゆるくお話させていただいて、ライト文芸の話ができるとも思っていなかったですが、思っていたよりも多くの方と楽しい時間を過ごせました。ありがとうございます。

せっかくなので今回自分が紹介した本、と紹介した本の中で自分が読んだことある本を覚えている限りで記録として残しておきます(仲村つばきさんの本だけは時系列的な補足が必要と思い、紹介していない本も載せてあります)。 実は自分からお声がけするのはあまり得意ではないのですが、お話すること自体は好きなので、また機会があったら気軽にお声がけして下さい。よろしくおねがいします。

【参考】前回のスペース(5/16)で紹介した本↓


 

パパ活JKの弱みを握ったので、犬の散歩をお願いしてみた。(ガガガ文庫)

クラスに銃は似合わない。 (MF文庫J)

VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた (ファンタジア文庫)

時をかけてきた娘、増えました。 (ガガガ文庫)

リーリエ国騎士団とシンデレラの弓音 (集英社オレンジ文庫)

ベアトリス、お前は廃墟の鍵を持つ王女 (集英社オレンジ文庫)

ジギタリスの女王に忠誠を 修道院の王位継承者 (富士見L文庫)

廃墟の片隅で春の詩を歌え 王女の帰還 (集英社オレンジ文庫)

王杖よ、星すら見えない廃墟で踊れ (集英社オレンジ文庫)

王女の遺言 1 ガーランド王国秘話 (集英社オレンジ文庫)

政略結婚で異国に嫁ぐことが定められた王女アレクシアと、驚くほどそっくりな顔をした少女ディアナとの一度きりの邂逅。身分も境遇も正反対の二人が、運命のいたずらに翻弄されてゆく物語。隣国の王太子との政略結婚に向かう道中の船上で襲われ、苦難続きでも決して諦めないアレクシア。いざという時の王女の身代わりとして乗船していたディアナの決意。次期王位を巡る複雑な思惑も絡めながら物語が動き出して、二人がどうなってしまうのか気になる結末でしたけど、アレクシアの方は献身的な護衛官ガイウスの頑張りがポイントになってきそうですね。

 

流転の貴妃 或いは塞外の女王 (集英社オレンジ文庫)

王妃ベルタの肖像 (富士見L文庫)

傷心公爵令嬢レイラの逃避行 上 (電撃の新文芸)

傷心公爵令嬢レイラの逃避行 下 (電撃の新文芸)

死の森の魔女は愛を知らない (富士見L文庫)

小鳥遊さんはラブコメ勉強中! (LINE文庫エッジ)

ひだまりで彼女はたまに笑う。 (電撃文庫)

虚ろなるレガリア Corpse Reviver (電撃文庫)

僕の愛したジークフリーデ 第1部 光なき騎士の物語 (電撃文庫)

キミの青春、私のキスはいらないの? (電撃文庫)