読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

今週注目のおすすめ15冊(21/4/26)

先週刊行された本で気になった本をピックアップする今週注目おすすめ15冊です。

先週も文芸作品が多めで、阿部 智里さんの書下ろしを加えた全8編を収録した短編集『烏百花 白百合の章』、西尾 維新さんの掟上今日子シリーズ最新作『掟上今日子の鑑札票』、潮谷験さんの第63回メフィスト賞受賞作『スイッチ 悪意の実験』、小路 幸也さんの「東京バンドワゴンシリーズ」第16弾『エレジーは流れない』などが刊行になっています。

またスペイン国民文学賞や欧州文学賞受賞などを受賞した『祖国』、アメリカの年間ベストブックに選ばれた『不滅の子どもたち』、2019年1月に放送され、トレンド1位となった特別番組「平成ネット史(仮)」を待望の書籍化『平成ネット史 永遠のベータ版』を挙げておきます。

 

『烏百花 白百合の章』

阿部 智里 文藝春秋 1,650円(税込)