読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

今週注目のおすすめ15冊(21/4/19)

先週刊行された本を中心に気になった本をピックアップする今週注目おすすめ15冊です。

先週は文芸作品が多めで、堂場瞬一さんの定年間近と若手のホープ、二人の記者が権力の汚穢を暴くため奔走する『沈黙の終わり上・下』、西條奈加さんの直木賞受賞後第一作の書き下ろし長篇『曲亭の家』、夢枕獏さんのジョン万次郎を主人公にした小説『白鯨 MOBY-DICK』、榎田ユウリさんの著者デビュー20周年記念作品『武士とジェントルマン』などが刊行になっています。

またベストセラーとなった「ケーキの切れない非行少年たち」の続編『どうしても頑張れない人たち』(新潮新書)、山田昌弘さんが五大格差を徹底検証した『新型格差社会』 (朝日新書)、黒川伊保子さんのトリセツシリーズ『不機嫌のトリセツ』 (河出新書)を挙げておきます。

 

『沈黙の終わり上・下』

堂場瞬一 角川春樹事務所 各1,870円(税込)

小さな幸せが暮らしの糧になる。当代一の人気作家・曲亭(滝沢)馬琴の息子に嫁いだお路。作家の深い業にふり回されながらも己の道を切り開いていく。直木賞受賞後第一作の渾身の書き下ろし長篇。

 

『白鯨 MOBY-DICK』

夢枕 獏 KADOKAWA 2,640円(税込)