読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

今週注目のおすすめ15冊(21/3/29)

先週刊行された本から気になった本をピックアップする今週注目おすすめ15冊です。

今回は文芸作品では朝井リョウさんの多様性をテーマとした衝撃の一冊『正欲』、宮部 みゆきさんの江戸怪談もの『魂手形 三島屋変調百物語七之続』、湊かなえさんの青春小説『ドキュメント』、スティーヴン・キングの新作『アウトサイダー 上・下』などが刊行になっています。

また子どもが算数を考える時に頭の中で何が起きたのかを推理する『子どもの算数、なんでそうなる?』、竹宮惠子さんの決定版自伝『扉はひらく いくたびも-時代の証言者』、サブスクリプションの出現により、人類史上もっとも自在に音楽を聴くことができる現代にあえてメタルをオススメする『「メタルの基本」がこの100枚でわかる!』も挙げておきたいと思います。

 

『正欲』

朝井 リョウ 新潮社 1,870円(税込)