読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

多彩なラインナップが魅力のオレンジ文庫2020年版20選

オレンジ文庫の2018年にレーベル別企画第一弾としておすすめ企画を作って以来、2019年にも年間企画として20選を作りました。なので2020年版についても同様におすすめ企画を作りたいと思います。

確認したところ、昨年2020年にオレンジ文庫は62点刊行されていて、そのうち52冊を読んでいます。今回はその中から20作をセレクトして紹介したいと思います。なお、各種ネット書店で2/2まで六周年記念セールを開催しているようです。上記と合わせて読みたい本を探す時の参考になれば幸いです。

 

1.流転の貴妃 或いは塞外の女王 (集英社オレンジ文庫)