読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

21年1月の電撃文庫おすすめ本

これまで基本的に新刊メインで紹介してきましたが、それだけだと後から盛り上がってきているのに言及しないケースも増えてきていて、それで何も紹介しないのはなんかもったいないなと感じてました。

 

なので今回から試験的にレーベルごと(発売日が被っている場合、少ない場合はほかとまとめて)に読んだライトノベルの紹介をしていきたいと思います。

 

1月の電撃文庫も魅力的な作品が多くて悩みましたが、今回とりあえずセレクトしたのは5点。あとでもう少し読むかもしれません。

 

新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち」は司波達也と深雪が卒業して一年後の魔法科第一高校が舞台として主人公も変わった新シリーズ。前作から成長した下級生たちや、世代が代わって登場人物たちの弟や妹も登場する新展開で面白くなりそうです。

 

男女の友情は成立する?(いや、しないっ!!)」は夢を叶えるために親友となった男女の友情をテーマとした青春ラブコメ。初恋相手との再会からの思ってもみなかった急展開に、どうにかしようとすればするほどドツボにハマっていく日葵は必見で、今後注目を集めそうな注目の新シリーズですね。

 

絶対にデレてはいけないツンデレ」はファンタジーも絡めた素直になれないヒロインと向き合おうとする主人公の物語。女王が支配する教室で、常にツンツンしてクラスでも浮いた存在だった蒼月。そんな彼女の真意に気づいて協力するようになってゆく二人を応援したくなる、とても素敵な物語です。

 

わたし以外とのラブコメは許さないんだからね」は希墨の後輩・紗夕が登場。2巻目にしてますます二人のイチャイチャっぷりも盛り上がり、揺るぎない二人と希墨が気になるヒロインたちとの距離感もポイントですね。そして何より人のために頑張れる希墨と信頼するヨルカの関係がとてもいい感じです。

 

娘じゃなくて私が好きなの!?」は想いは自覚してもなかなか進まない二人の関係はもどかしいですけど、過去エピ含めて天然な綾子さんの魅力が炸裂してました。新展開も面白くなりそうでますます楽しみな一冊ですね。