読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

結末が気になる!歪な想いを描く印象的な作品15選

ここのところ新作が豊作なこともあってそちら中心の企画が続いていましたが、たまには違う方向の企画を作りたい気持ちもあって、印象的だけど尖っていて逆になかなかピックアップできない作品を紹介したいと思って今回の企画を作りました。作品ありきでセレクトしたので妥当なタイトルがなかなか思いつかず、結局こんな感じになりましたがどれもインパクトのあるおススメの作品です。

 

1.ずっとあなたが好きでした (文春文庫)