読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

オススメ!このライト文芸が読みたい2021

このラノ集計期間と同じ形で一般文庫レーベル/ライト文芸/文芸単行本を紹介しようという試み、「オススメ!この文庫が読みたい2021」に続く第二弾、ライト文芸編です。近年、ライト文芸ライトノベル同様刊行点数が急増していて、カバーできている領域的に厳しくなっているのを痛感していますが、とりあえず読んだ中からおススメの30作品を紹介したいと思います。なお対象期間は19年9月から20年8月に刊行されたものが対象です。なお、文芸単行本編は残る対象候補作を消化中ですので、それ読んでからセレクトを最終決定するつもりです。

 

1.ベアトリス、お前は廃墟の鍵を持つ王女 (集英社オレンジ文庫)