読書する日々と備忘録

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

このラノ2021投票前に読んでおきたいオススメ新作ライトノベル30選

毎年恒例の「このライトノベルがすごい」、今年も9月に投票開始すると思いますが、それに向けて何か企画をできないかと考えて、昨年同様投票対象期間中に発表された新作ライトノベルのうち、自分が読んでオススメしたいと思った作品を紹介することにしました。参考までに↓が2019年に作成したもの

 今回セレクトでは2019年9月から2020年8月に刊行になった作品を対象としています。ちなみにセレクト前にざっと数えてみましたが1年間で読んだ新シリーズはだいたい100作品で、その中から昨年同様20作品まで絞り込もうと思ったのですが、30作品までで精いっぱいだったのでそこで諦めました(苦笑)気になる作品があったら、ぜひ投票前に読んでみることをおススメします。

 

1.楽園ノイズ (電撃文庫)

聖夜を間近に控えて街も浮き立つ12月初旬。先輩にフラれて絶望していた大学生の僕が、クリスマスをなくせるという高校生らしい一人の少女と出会う青春小説。少女が持つ『望まない願いのみを叶える』ノートの存在。ノートの力で消すためにはクリスマスを好きになる必要があり、少女と疑似恋人になった僕。共に過ごすうちに変わってゆく心境があって、それぞれが心残りを解消していった先で明らかになってゆくもう一つの物語があって、思ってもみなかったクリスマスの真相とその結末、そしてそんな二人が見出したかすかな希望が印象的な物語でした。

 

19.異修羅I 新魔王戦争 (DENGEKI)

以上です。気になる本があったら是非投票前に読んでみて下さい。

※ラブコメメインのセレクトも作りました。